もっさん日誌

自分が欲しかった情報を提供します。

あなたは「としたい」をご存じか


スポンサードリンク

正式には「佐倉としたい大西」です。

たぶん現在一番人気の声優ラジオですな。

当然私もリスナーでありますが、このラジオはたしかアニラジアワードで唯一の殿堂入りしていたはずです。

そんな大人気ラジオですし、Twitterのフォロワーも相当数いますし、そこでもトップだったと思います。

そんなとしたいも250回を迎えましたが、その250回でもエンジン切れすることなく、面白い企画をうってくれて大満足ですぼく。

私もたまに追っていますが、姉妹番組というか、パーソナリティのお二人と親交がある方のラジオで、他の方からこのお二人のおもしろエピソードがきけるので、そっちもおすすめです。

としたいは自分が浪人生だったころ、週に一度の娯楽でした。

勉強ばっかりの閉鎖的な生活の中、たまにみる俗世といった感じでしたね。

あれに支えられていた部分もあったのかもしれません。

いまは少し落ち着いてはいますが、当時のお二人は若気の至りというかやりたい放題で、そっちの時代も好きでした。

いまはクスッと笑う感じで、昔は爆発といった感じです。

ああ、そうだ。

もしこの番組をきくのなら、音泉限定まできくことをおすすめします。

限定版ではメールを読むことが多いのですが、こっちも結構おもしろいですよ。

ラジオってのはリスナーからのメールを読むところもひとつの醍醐味ですから。

それと、だいたい年1くらいのペースでイベントを開催していますが、実は私は一度も行っていません。

ここには自分なりのポリシーのようなものがあるんです。

たしかに行きたい気持ちもあります。

ただ、毎週みているからこそ思うのですがこういったイベントはどうしても男だらけになりがちで、お二人はアニメのイベントなどで既に男だらけは散々やってきているので、せめて個人ラジオくらいは女性リスナー多めでやりたいと思っているんじゃないかと。

そりゃそうですよ。

彼女たちだって職業柄仕方がないとはいえ、私みたいなキモータばっかりではなく、同性との交流もしたいと思っているはずですよ。

実は以前、女性限定イベントを開催していますが、そのとき一部のリスナー(たぶん男性)のなかでは批判的な意見が出ていましたね。

ですが、自分はそうは思いませんでした。

イベントの前、後の通常放送での様子から、本当に楽しみで楽しかったんだろうなと思ったからです。

ですから、それ以前もイベントには行ってはいませんでしたが、今後も自分が枠を埋めるくらいなら、出演者がより喜ぶ枠の埋め方、すなわち女性に埋めてもらったほうがいいなという考えで行かないと思います。

ないとは思いますが、もしこれが制作側やパーソナリティの方に届いたら、男にばっか気を遣わなくてもいいという意見もあるということを知ってほしいですね。

いろいろかきましたが、言いたいことは、とにかく自分はこれからもとしたいを、そして声優としてのお二人を応援していますということです。

今後も楽しい放送を毎週火曜日お待ちしております。


スポンサードリンク