もっさん日誌

自分が欲しかった情報を提供します。

東工大 化学熱力学基礎 試験対策


スポンサードリンク

東工大新入生向けの情報まとめました

 

moratorium1369.hatenablog.com

 

 

他の科目はこちら

 

moratorium1369.hatenablog.com

 

 

過去問は載せません。

熱力学は高校の物理でもありました。

大学では新しい物理量などを定義しながら、もっと深い考察をしていきます。

なので、おそらく勉強しないとなんにも理解できません。

ある程度までいくと、一気に理解できるようになるのですが、そこにいくためには結構時間がかかります。

試験直前で困らないよう計画的に勉強しましょう。

 

大問は全部で7問。

配点は不明です。

有効数字は3桁です。

変な計算ミス、符号ミスには気を付けましょう。

 

基本的には、ある反応における物理量の変化量を求めるというものです。

なので、定義をしっかりと覚えましょう。

エントロピーってなんですか?

ギブズエネルギーってなんですか?

そういうところをおさえておきましょう。

 

あと、法則を専門用語を使いながらきちんと説明できるようにしておきましょう。

 

カルノーサイクルについてもよく理解しておきましょう。

 

とにかく、教科書をちゃんと読みましょう。

教科書がわかっていれば解けます。

教科書の第5章が山場です。

そこを乗り越えられるようにコツコツと勉強しておきましょう。

健闘を祈ります。


スポンサードリンク