もっさん日誌

自分が欲しかった情報を提供します。

東工大 線形代数学第二・演習 試験対策


スポンサードリンク

東工大新入生向けの情報まとめてます

 

moratorium1369.hatenablog.com

 

 

他の科目はこちら

 

東工大100番台 カテゴリーの記事一覧 - もっさん日誌 (hatenablog.com)

 

 

過去問は載せません。

線形の第二ははっきりいってかなり難しいです。

第一はあくまで連立方程式とかの"計算"がメインで理論も簡単で、数学が得意な人は退屈だったかと思います。

ですが、第二は抽象的な話しかしません。

核だの基底だのなんだそれという概念ばっかり出てきますから、演習のレポートも相当手こずるでしょう。

私は演習のレポートのために丸3日とか平気でかけていました。

おいていかれないように勉強しましょう。

 

試験はオンラインでした。

なので、ふつうよりはやや難しめです。

ただ、理論が分かっていれば何とかなるレベルです。

大問は2つです。

配点は不明です。

 

大問1は基底、表現行列などについてです。

やや複雑な行列ではありますが、丁寧に処理しましょう。

それしかありません。

表現行列の求め方は必ず固めておきましょう。

 

大問2は対角化などについてです。

対角化可能とはどういうことですか。

あと、次元についてもおさらいしておきましょう。

 

たしかにこの試験は難しいです。

ただ、講義で扱ったことしかでません。

題材の行列や与式がかなり難しいだけでやっていることはいつもと同じです。

しっかりと演習問題などを固めておきましょう。

健闘を祈ります。


スポンサードリンク