もっさん日誌

自分が欲しかった情報を提供します。

東工大 材料と部材の力学 試験対策


スポンサードリンク

土木全般の情報はこちら

 

moratorium1369.hatenablog.com

 

他の200番台専門科目についてはこちら

 

moratorium1369.hatenablog.com

 

過去問は載せません。

 

ほぼ毎回課題がでます。

それはかならず提出しましょう。

出さないと単位は厳しいと思われます。

 

それから、教員側から一律に過去問が配られます。

これは模範解答付きです。

なので、試験勉強はこれを自分で理解し、再現できるようにするというのがメインになると思います。

対面試験の場合は持ち込みは量の制限付きで許可されるので、公式などは覚える必要はありません。

ただ、過去問を見ればわかりますが、別に覚える式はそこまでありません。

持ち込んだところで…といった感じです。

 

試験そのものは量がかなりあります。

でも、別に全部解き切らなくてもOKです。

満点取れると思われていません。

基本は解ける問題なので、8割くらい取れればそこそこの成績で返ってきます。

 

この科目は土木系の他の科目の土台になっているような科目です。

構造力学などはこの科目の理解ができていることが前提になっています。

簡単な科目ではありませんが、選択必修の一つでもありますので、ぜひ履修しましょう。


スポンサードリンク